スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消毒液をさがして その1

※ この実験は、前ホムペで書いていたもののリバイバル版です。
    見栄えの変更により、一部修正を加えています。

※ 執筆 2009/12/16 まだ2年も経ってないのか。



飲み会の帰り、とある居酒屋の店先で、消毒液を見付けたのです。
せっかくだからとプシュプシュすりすりしていると、
最近他の場所でもプシュプシュすりすりしている気がしたのです。


確かにここ1年くらいで、けっこう消毒液を見かけるようになりました。
数年前まではお店のトイレに置いてある程度だったのに、今や店先に鎮座する存在。
理由は新型インフルの影響とみて、まず間違い無いでしょう。


そんな消毒液が、いま街にどれだけあるか調べてみました。



さて、という訳で実験です。
何をやるかはさっき書いた通り、いま街中にどれだけ消毒液があるかを調べます。
調べ方は至ってシンプル。適当な駅を選び、その周辺をひたすら歩いて探します。
実際には「上野」「新橋」「池袋」とその周辺を散策。うろうろ。


あと注意点としていくつか。

1.人が多い所にあるだろうと狙いを付けているので、
    『人が多い所にある』 のは理由になりません。

2.冒頭にも書きましたがトイレには元々あったと把握しています。
    なのでトイレはカウントしません。

3.置いて無いから不衛生などというつもりも、
    不衛生だから置いてあるというつもりもありません。

では、行ってみましょう!






という訳で上野に到着。
新幹線が乗り入れる駅という事もあり、多くの場所から人が集まります。
だったら消毒液があってもいいんじゃない?という訳で駅構内から散策。





えーっと、





うーんと、





ありません。


おかしいなぁ、もっとある気がしていたのに。
早くも暗雲が立ち込めます。





そんな訳で外へ。
駅周辺のデパートなんかを片っ端から周ります。





えーっと、





うーんと、





ありません。


おかしいなぁ、もっとある気がしていたのに。
念のためトイレも見てみましたが、ありませんでした。





むむぅ、多いと思ったのは気のせいだったのかなぁ。
そう考えながらうろうろしていると上野の森に到着。
そうだ、美術館にも人は集まるぞ!


ここから私の、逆転劇がはじまる。


つぎへ
スポンサーサイト

消毒液をさがして その2

その1はこちら




上野の森に到着、ここから美術館等の施設を攻めてみます。
まず写真左の東京文化会館に入ったところいきなりの手掛かりが。





そう、来館者への手洗いを喚起するポスターが。
これがあるって事はインフル対策を実施しているという事。
よーし探すぞーありませんでしたー。


どうしよう、まさかコンサートホールに無いなんて。
嫌な予感にゾクゾクします。しません。





そんな感じで国立科学博物館前。
途中で立ち寄った、国立西洋美術館にはありませんでした。
ここにも無かったら諦めて帰ろう…。





・・・ん?





あったー!!


建物の中に入ると、そこには白く輝く消毒液が。
半ば心折られた状態での発見に、自分撮りを忘れる程大興奮。
ああ…自分を信じて良かった…。


置いてあった本数は3本、青いトレイがアクセントになってます。
写っていませんが、マスクが1枚200円で販売されてたのが印象的でした。
実はお店以外でマスクを売ってたのここだけ。初遭遇にして相当なレアケース。





自信を付けたので次は東京都美術館へ。
さぁて、ここにはあるかな・・・。





あったー!!


正直ここに無かったら、先程のが偶然見つけただけになってしまうと心配してました。
これで実験が続けられます、感無量。


本数は2本。
写真には写ってませんが、足元がゴムマットになっていたのが特徴でしょうか。





せっかくなので、ここで念願の初スプレー。
ちょっと傷口にきますが嬉しさでもうどうでもいい。どうにでもして。




次は黒田記念館というところ。
目星を付けておいた他の場所に行く途中で通り過ぎたのですが、
通り過ぎようとしたら外から宝が見えたので。





3度続けば偶然じゃない。


本数は1本だけでしたが、確かに消毒液がありました。
ここまでずっとテーブルが白かったのに、ここだけ木目というのが洒落てます。
会議用の長机と言ってしまえばそれまでですが、建物の雰囲気と相性バッチリ。





次は国際子ども図書館。
これだけあると、もうどこにでもある気がします。





ほうら、あったよ。


専用のテーブルではなく、受付カウンターの上に消毒液を発見。
試しに中もうろうろしてみたところ、トイレを除いても計4本もの消毒液が。
流石児童施設、インフル対策は一級品。



さて、ここまで4連続で発見し、絶好調な消毒液探し。
ここで景気付けにある場所で消毒液を探してみます。





そう上野動物園。ここで消毒液を探します。
ただし時間も無いので行くのは1か所狙い撃ち。その場所とは・・・。





ここです。


園内で直接動物と触れ合えるこどもどうぶつえんというところ。
小さい頃に来て以来なのですが、来たら必ず遊んでいた記憶がありました。
動物に触れるのだから必ず手を洗います。だったらここにあるはずさ!





さぁー、





さぁー、


薬用石鹸ミューズのハンドソープ×16を発見。消毒液、なし。
ここ目当てで上野を選んだのに、何だか寂しい気がします。
そういえばアルコールは動物にとって刺激物とか聞いた事があるような、ないような。


そんな感じで散策終了。
施設を重点的に攻めた結果、4か所で計10本の消毒液を発見。
次のポイントは新橋、でも新橋に美術館あったかなぁ…。


つぎへ

消毒液をさがして その3

その1へ  その2へ



新橋にやってきました。
美術館なんてそうそう無い新橋で探しても上野の二の舞じゃないのかと
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが大丈夫です。ちゃんと勝算があります。


この実験をしようと思った発端である、第1号の消毒液は飲み屋の店先にありました。
という事は、飲み屋で溢れている新橋にならたくさんの消毒液があると考えたからです。
まぁ、あいにく見付けた場所は別のところなんですが。





という訳で、まずは手頃なビルに入ります・・・って、



  
  

な ん だ こ れ は 。


新橋スタートと言いつつ実は乗り換えの都合で日比谷から来たのですが、
駅を出てすぐのビルに入ったらいきなり消毒液を発見。
しかも右下の1本は出入り口でなくビルの中、いきなりの大収穫にホクホクでございます。



  

その後もあるわあるわ消毒液。
全てを撮影出来た訳ではないですが、1時間半で計15個もの消毒液を発見。
特にカラオケボックスの消毒液設置率が凄い、あとパチンコ屋も。



  

飲むアルコールの多い街には、消毒用アルコールも多いということでしょうか。



だいぶ満足したので、新橋を離れて銀座方面へ。
飲み屋の数も減ってきましたが、今度はデパートがあります。





銀座の三越には、





青いポンプ式。
斜め45度の角度が何ともシャープ。筆読用ボードの隣にあるという配慮もエレガント。





松屋銀座には、





手拭きタオルを添えて。
タオルの上に置いてあるところはあったのですが、タオルを添えてあったのは初です。





デパートでは無いですが、あんぱんで有名な木村屋には、





ウッドデッキに紅白のチェック。
色のバランスが完璧すぎて実にかわいらしい。





沖縄のアンテナショップには、





台に包装紙が巻かれてとってもカラフル。
消毒液のラベルも何となくハイビスカスカラー、実に南国。





そうそう、博物館があったので入ってみました。





ばっちり発見。
これまでに「ご自由にお使い下さい」は結構見たのですが、
回数が書かれていたのは珍しい気がします。1回1押し。





そんな感じで散策終了。
数は大量の20個ですが設置場所も多く16か所、
1か所あたりの数が少ないのが特徴でしょうか。何だか楽しくなってきた。


次は池袋、待ってろよ。


つぎへ

消毒液をさがして その4

その1へ  その2へ  その3へ  




池袋にきました。
今回ここを選んだのは、ある仮説を検証するためです。


と言いますのも、最初に上野駅で探したとき、消毒液は見つかりませんでした。
そして実は、あれだけ消毒液が見つかった新橋有楽町でも、
駅の中では消毒液が見つかっていないのです。
つまり現段階で、駅には消毒液が置いてないという仮説が立っています。


是非この仮説が本当かどうか調べたい。
という訳で、今日はここからはじめます。





そう、最近池袋に出来たオシャレスポットことエチカとエソラ。
ここは立派に駅ビル、しかも相当大きなスポットなので検証にはバッチリです。





という訳で、まずはエソラから。





ありましたありました。
入ってすぐのエスカレータ脇に1本発見。
一見そっけない感じですが、モノクロを基調としたデザインにも見えます。





せっかくなので久しぶりに消毒。プシュプシュすりすり。





対するエチカは・・・




・・・あれっ?見つからない?
エソラではあっさり見つかったのに、エチカでは30分以上歩き回って収穫ゼロ。
つまり消毒液はエソラにあって、エチカにないということになりそうです。


でもそれも何だかおかしな話。
消毒液を置くかどうかは、つまるところビルのオーナーが決めること。
そうすると、何故片方にだけあったのかがしっくりしません。
この2つの経営母体が違うとも、考え方が違うとも思えなかったからです。


そこで範囲を広げもっと隅々まで探すことに。
と言いますのも、エチカには副都心線池袋駅が直結していますがエソラは繋がってません。
あくまでエソラは雨でも濡れずに歩いて行けるだけで駅ビルでは無いという考え方に、


したかったんです。




  

駅にあるじゃん、消毒液。


池袋駅改札の目の前にある、東武トラベルにて発見。
ここは明らかに駅ビル、これで仮説は成り立たなくなってしまいました。
むむぅ、そうか、そういうことか。




建物にはあるけど、道にはないのか。


そう、これまで発見出来た消毒液は全て建物、いわばハコモノの中にありました。
そしてエチカは建物ではなく地下街、つまるところ道であると考えられます。
実際どこからエチカなのか明確な境目がわからず、結構迷走してました。


同じ理屈が駅にも成り立ちます。
駅は大半の人にとって目的地でなく通過点、広い意味で道であると考えられるからです。
東武トラベルは完全に仕切られている空間なので、ハコモノと考えてしまって良いかと。



  

そう考えながら探していると、駅ビル内で更に発見。
写真右手のメトロポリタンプラザで発見したのですが、
ここは完全に建物として独立しています。どうやらこの仮説は正しそう。





駅を出て、今度は池袋芸術劇場へ。
ここは昔、演劇部の頃に都大会で使った思い出があります。
大ホールへのエスカレーターは何度見てもかっこいい。



  

そしてちゃっかり2本発見。
よくあるポンプ式でなく、スプレータイプなのが特徴的。
開催していた高校生の美術作品展示会も、中々に見応えがあって得した気分。





来て良かった。



  
  
  

その後はサンシャイン側に移動して調査続行。
撮ってないのも含めると、5か所で計11本の消毒液を発見出来ました。
特に左3枚は全て同じ建物で見付けたもの。一点集中型が多かった気がします。


そんな感じで池袋散策終了。
9か所で16本と中々に盛り沢山、充実感が心地良い。





さいごに、これまで周った3地域の結果を表にしてみました。
上野、新橋、池袋と3地域を周り、29か所総合計46本の消毒液を発見。
上野だけ妙に少ないのは、きっと探すのに慣れてなかったからかと思います。





次に、置いてあった施設別にまとめてみました。
美術施設(美術館、博物館、劇場)は平均値が高く、その他は低いという結果。
これは単純に敷地面積が関係している気がします。





ボトルの種類はポンプ式が圧倒的、全体の90%近くを占めています。
むしろこんなにスプレー式があった事が意外です、ポンプしかないと思ってました。
メーカーは意外な程ばらばらだったので調べてません。オリジナルボトルも多数。


インフル対策として一役買っている消毒液たち。
そんな彼らの存在に感謝しつつ、今日もどこかでプシュプシュすりすり。


おしまい。


おいしい糊の料理

※ この実験は『インギ皇子とどこまでいっしょ?』さまにて公開されているものです。
    あちらの更新が再開しそうにないため、ミラーとしてこちらに公開します。
    見栄えの変更により、一部修正を加えています。

※ 執筆 2007/05/26 この勢い、潔さは正にインどこテイスト。



幼稚園や小学校で、誰もが使ったに違いないでんぷんのり。
あれって“でんぷん”、すなわちコメやジャガイモなんかと同じ成分ですよね。
だったら食べてもいいんじゃないかなぁと思い続けて幾年月。実際に食べてみました。


では実験開始です。
まずは今日のメイン食材、でんぷんのりを用意しましょう。





これです、東急ハンズで買ってきました。
表示も問題無く“でんぷんのり”。でんぷんは食えます、大丈夫です。

『穀物由来じゃなく合成物かもしれない』、『金属含有量とかアウトっぽい』
『他にも色々混ざってるよ、NaOHとか』、『何にせよ賞味期限は確実にアウトだな』


等の考えがあったんですが深く考えた時点で負けの気がしたので買って来ました。


それにほら、子供の工作に使うモノなんだから
間違っても人体に害のある物質なんて混ぜないでしょう、だいじょぶです。
(事務用品と書いてあったのは見なかった事にします)





では、いっきまーす。





あむっ。



……



美味くは無いけれど、食べられなくも無い。



何と言うのかな、確かに駄目な意味で人工物の味なんですが不味い程でもない。
てっきり子供が口に入れてもすぐ吐き出すような味付けがされていると思って
「まずぅ」「うげぇ」「ぼへはぁ」あたりのコメントを用意していたんですが何か違う。
どうしよう、微妙すぎです。



きっと量が少なかったから判らなかったんですね。





あむあむ。



……



あっ、今舌がツーンとしました。
でもこれは辛いモノを食べたとかそんな感じではなく、
大学での実験中、間違って塩酸飲んじゃった時の感じに似てます。
どっちにしても食えたモンじゃあ無いってコトですね。


ほら、きっと食材のまま食べちゃったから美味しくなかったのですよ。
コメだってジャガイモだってそのままだとおいしくないでしょう?
どうにかしてコイツを美味しくし出来ないでしょうか。




という訳で調理開始。
今回のメイン食材は“でんぷんのり”、というか“のり”。
んでもって一般に食べ物として流通しているものにも“のり”というのがあります。
前者が“糊”で後者が“海苔”、せっかくだからコラボしちゃいましょう。





これ調理じゃ無くて工作だよなぁ・・・。





とか思いつつ完成。
海苔で糊をサンドしただけですが、見た目は磯辺餅風の出来なので美味しそう。


では、いただきまーす。





あむっ。





ダメだこりゃ。


基本的に設置面の大半が海苔なので海苔の味がします。おいしいです。
しかし中からぬるっとしたのが出て来た途端やっぱこれ工作だわと思い知らされます。
更には海苔に糊が染み込んで、さながら寄生されてるよう。お前等仲良いな。




では次。
よくよく考えたら、さっきは味付けをしてませんでしたね。
だから糊が舌に触れた瞬間アウトだったのです、そうにちがいありません。
なのでちゃんと味付けをしましょう。





何か新種のセメント作ってる気分・・・。





とか思いつつ完成。
ヨーグルトに入れて、ブルーベリージャムをのせてみました。
糊を渦巻きソフト風に盛り付けようとして、明らかに入れ過ぎました。


でもこのまま食べたら糊に味が付いて無いですものね、
ちゃんと混ぜましょう。ぐりぐりぐり・・・


・・・ん?






固まってません?


正直今回はフルーチェ気分でいたんですが、
あまりにコシがあるので持ち上げてみたところ垂れる気配無し。
こんなの本当に食えるのか・・・?



……



そういえば深く考えた時点で負けでしたね。





ぱっくん。





ごべはあ。


ダメダメ、これまでで一番酷いです。
さっきまで何とか平気だったのに、体内緊急警報鳴りっぱなしで即リバース。
使用した食材は、全て美味しくいただくことが出来ませんでした。


まっ・・・・まだ負けたって訳じゃ無いんだからね!




という訳で次。
磯辺餅作戦は糊のぬるっとしたのが舌に触れてダメでした。
ヨーグルト作戦はもうあらゆる意味でダメでした。
でもそれは、でんぷんの性質を理解していなかったから失敗したのです。


でんぷんにはα-でんぷんとβ-でんぷんというものがあります。
普段の状態をβ-でんぷんと呼びます。おいしくないです。
ですがこれを熱することによってα-でんぷんになり、おいしくなります。
厳密にはもっと説明が必要ですが大筋これで合ってます。
ちなみに工業用のりは冷めてる状態でαですが深く考えたら負けです。





わりばしにたっぷりと塗り付けて、焼きます。
ようやく食べ物らしくなってきた。





とか思いつつ完成。
最初は味噌をつけて秋田名物きりたんぽ風にいただこうかと思ったのですが、
見当たらなかったので醤油をかけて、みたらし団子風にしてみました。


おいしくなーれ、おいしくなーれ、





あむっ。





おおっ!これは!



美味いっ!


あくまでこれまでとの比較した上ですが、即答出来る。美味い。
しっかり焼いたから外がパリパリなので最初のようなぬめりが消えており、
さながら焼き餅のような食感を与えてくれます。
それと醤油の相性の悪いはずありません。


確かに外はパリパリ、中は相変わらずぬめっとしており、
噛んだ瞬間残念な気持ちになりましたが最初の一口は立派に食べ物の味でした。
フライパンに薄く延ばしてしっかり焼けば
ライスペーパーとして使えるかもしれませんね、海苔みたい。




そんな感じで実験終了。

今回の裏テーマとして
『もし大震災で高層ビルのオフィスに閉じ込められた時、
  食料が尽きた際の最終手段に糊を提唱出来ないか』というものがありました。
最後にはちゃんと食べられたのが自分でも不思議でなりません。

とりあえず、煮ても焼いても食えないヤツじゃありませんでした。おしまい。



注! 工業用糊にはNaOHという化学物質が大量に含まれています。
       少量でも危ないですが大量に食べると体が溶けます。
       私からは何があっても絶対にマネしちゃダメだと言っておきますが、
       裏テーマのような状況なら最低限しっかりと火を通して下さい。
       (生き延びるのが最優先)

       また、体が衰弱しているため、胃酸のpHが負けるおそれがあります。
       というか満腹になるまで食べるのはアウトだと思います。
       もちろん冗談半分で真似しようなんてのは絶対にダメです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。