スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐりの背比べ、実際どれだけ違うか

『どんぐりの背比べ』という言葉があります。
平凡ですぐれたものが無いこと、とかそんな意味があります。
大きさを比べても大差が無いことから、背比べという比喩が使われたのでしょう。


そんなどんぐりですが、その背丈は実際どれ位違うのでしょうか。測ってきました。





さて、という訳で実験です。
やって来たのは代々木公園。ここにならドングリが落ちていることでしょう。





公園の敷地に入りますといきなり大量のドングリがお出迎え。
先日ニュースでドングリ不作と聞いていたのですが、これなら大丈夫だ、問題ない。





採集開始、





採集完了。

ものの10分程で100個集まりました。
本当はもっと沢山、園内のあちこちから拾ってくるべきなのですが雨振ってきたので。
種類は全部マテバシイだと思いますが自信ありません、あと全部笠なしです。


さて、では背丈を測りましょう!
使うのはもちろん…





ノギスです。このために買いました。
バーニヤ目盛というものが付いており、0.1mm単位まで読み取る事が出来ます。
ちなみに700円くらいだったのでノギスとしては多分安物かと。





例えばこのドングリは、30mm+バーニヤ0.1mmの計30.1mmとなります。
ちなみに私も使うの初めて、バーニヤ目盛の仕組みがすげー奥深くて楽しい。





ちまちま。





そんなこんなで測定終了!
結果こうなりました。どぞ!





ただ数字を見ても判り難いかと思ったので、最初からグラフにしてみました。
縦軸が背丈(ミリメートル)、横軸がその個数となっています。
なかなか綺麗なピラミッド型になった気がします、横倒しですけどね。





測定した100個の中で、いちばん大きかったのが左ので31.2mm
いちばん小さかったのが右の25.9mm、平均で28.77mmとなりました。
いざこうやって並べると、結構背丈も違うものですね。



もしこれが人間の背だとしたら、どんなものかを計算してみました。
20歳の平均身長が男性170cm、女性158cmなので、平均すると164cm。
男女の人口比は考慮していませんが大差は無いでしょう。


これをミリメートルに直して1640mm。
ドングリの平均身長が28.77mmでしたので、割ると57.01となります。
つまりドングリの伸長を57.01倍すると人の背ぐらいになるという計算です。


これを先程の最大最少どんぐりに当てはめてみますと、
左のどんぐりが1779mmになるので、センチメートルに直すと177.9cm
そして右のどんぐりが1477mmになるので147.7cmとなります。
左を男性、右を女性として背比べを思い浮かべると何だかほっこりしますね。





そんな感じで実験終了。
測定で使ったドングリは、そのまま公園に返して来ました。
この中のいくつかが、やがて木になると思うと感慨もひとしおなのでした。




おしまい。大きくなれよ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。