スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海抜0mからの東京タワー

※ この実験は、前ホムペで書いていたもののリバイバル版です。
  見栄えの変更により、一部修正を加えています。

※ 執筆 2009/01/30 スカイツリーが小さかった頃に書いてます。




富士山には昔、村山道という登山道がありました。


村山道、それはただの登山道ではありません。何せ海からはじまります。
海から山頂まで、日本一の標高を骨の髄まで堪能出来るステキな登山道なのです。
詳しい事はこちらを参照。私もここで知りました。


これはとても面白そうな試み。
しかしながら、道具や時間、協力者等を探すのが中々に困難。
そもそも富士山に登ったことが無いので、挑戦するのはせめて1回
富士登山を経験してからの方が良さそうです。


そんな感じで、挑戦するには中々に敷居が高い村山道。
敷居が高いからこそ得る物も大きいとは思えるものの、流石にちょっと大変です。
もっと近場で、お手軽に、ピクニック気分で味わえないものでしょうか。
例えばそう、日本のもう1つの名物で。



さて、という訳で実験です。
タイトルで一目瞭然なのですが、今回は海から東京タワーを目指します。
東京タワーは言わずと知れた日本の名物、日本で最も有名な建造物の1つでしょう。
国内外の観光客や、大怪獣さんなんかにも人気のスポットでございます。


ゴール地点を決めたので、次はスタート地点を決めます。
やるからには海抜0m、せめて足首から下だけでも海の中からスタートしたいです。
しかし残念ながら、東京タワーのすぐ近くには海まで降りられるところがありません。
という訳で、私はここをスタート地点に選びました。





東京湾で海に降りられる貴重な砂浜お台場海浜公園。
東京タワーとは島1つ離れてしまっておりますが問題ありません。


そう、レインボーブリッジは徒歩で渡れます。
すなわちここからレインボーブリッジを経由して
東京タワーまで向かう全工程を徒歩で行う事が出来ます。


なお、東京タワーには地上約150mの大展望台と250mの特別展望台があります。
しかし外階段で登れるのは大展望台まで、その上はエレベーターのみ。
最後にエレベーターを使いたくなかったので、大展望台をゴールとします。


総移動距離は約6キロ、1日かけて行うピクニックとしては程よい距離です。
村山道ならぬ塔山道(たわさんどう)の旅、いよいよスタートでございます!



さぁて、入ろうか。冬の海に。


そう、塔山道における最大の難関、それはスタート地点です。
わざわざ海に入れる場所を選んだのですから入らなければ意味がありません。
なぁに、天気も良いし、どうってことないさ。





とうっ!





ぽちゃん。



ほらね?やっぱ大したこと無いって冷たっ!芯から冷たっ!


確かに1、2回目はそんなでも無かったんです。
でも位置が上手くいかず調整してたら5回目ぐらいで感覚無くなってきまして。
色々と大騒ぎしながらも海抜0mに到達、無事スタートと相成りました。





13:00 スタート






さて、何とかスタート出来たので早速ですがここで昼食にします。
最初は昼過ぎに到着し大展望台で食べる予定だったのですが、
よくよく考えたら持ち込みの飲食が出来なかった気がするのでここで食べる事に。
海を見ながら食べるおにぎり。うまい。





昼食を食べて出発。
先程の海岸線に沿って北上し、レインボーブリッジへ。
ちなみにここから東京タワーは見えません。





ほどなくしてレインボーブリッジに到着。
ここから芝浦まで、2キロ弱の道のりを歩きます。
ちなみにノースルートとサウスルートがあるのですが、今回はノースルートを選択。





最初の大きなカーブを渡ったところで東京タワーがお目見え。
ようやくのご登場にテンションが上がるもの、その姿は遠くにぽつんとあるばかり。
これは思ったよりも大変な旅になりそうだ。





大きな地図で見る


その2へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。