スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段で上下移動 その3

その1はこちら。 その2はこちら。




池袋駅を出て歩くこと数分、東急ハンズに到着。
ここからはまた地下に潜り、一路サンシャインシティを目指します。





節電のため、間引かれているエスカレータの脇を抜けると





はい階段です、ここから地下に行けます。
ちなみにここの手前にも4段ほど下る階段があるのですが後でまとめて計算します。





間引きとはいえ近くのエスカレータが動いていたためか、
ここは比較的人が少なかったので、ちょっと厳密に高さを測ってみました。
んでもって結果が1段15.5cmと、これまでより若干低い段差。
これまでもずっと15.5cmだったのかもしれませんが気にしない方向で。


数が52段。よって8.6m下に移動した計算でしょうか。
石の階段のせいもあってか、地下というより地底に潜った感じ。





そのまま地下通路を進み、サンシャインの地下に着いたあたりで登り階段。
目視で通り過ぎようとしたのですが、違和感を感じたので段差を測ることに。





段差を測ると何と1段あたり14cmと、これまでよりも2cm低くなっています。
日暮里駅の1段目のような微妙な段差を生み出したくなくて、
16cmに近い高さで均等割りしたのかもしれませんが、
よくよく計算してみたらどうやら違う理由がありそうです。


と言いますのも、ここの段差、全部で8段あります。
ですので、14cm×8段=112cm上に移動したことになります。
しかし、それならばこれまでの規準16cm×7段でも112cmに合致します。


つまり、高さ調整の為に1段14cmにしたのではない、という事になります。
何でだろう?もしかして16cmがデフォなのは駅だけなのでしょうか。





その答えと思しきものが、地上で明らかに。


つぎへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。