スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消毒液をさがして その1

※ この実験は、前ホムペで書いていたもののリバイバル版です。
    見栄えの変更により、一部修正を加えています。

※ 執筆 2009/12/16 まだ2年も経ってないのか。



飲み会の帰り、とある居酒屋の店先で、消毒液を見付けたのです。
せっかくだからとプシュプシュすりすりしていると、
最近他の場所でもプシュプシュすりすりしている気がしたのです。


確かにここ1年くらいで、けっこう消毒液を見かけるようになりました。
数年前まではお店のトイレに置いてある程度だったのに、今や店先に鎮座する存在。
理由は新型インフルの影響とみて、まず間違い無いでしょう。


そんな消毒液が、いま街にどれだけあるか調べてみました。



さて、という訳で実験です。
何をやるかはさっき書いた通り、いま街中にどれだけ消毒液があるかを調べます。
調べ方は至ってシンプル。適当な駅を選び、その周辺をひたすら歩いて探します。
実際には「上野」「新橋」「池袋」とその周辺を散策。うろうろ。


あと注意点としていくつか。

1.人が多い所にあるだろうと狙いを付けているので、
    『人が多い所にある』 のは理由になりません。

2.冒頭にも書きましたがトイレには元々あったと把握しています。
    なのでトイレはカウントしません。

3.置いて無いから不衛生などというつもりも、
    不衛生だから置いてあるというつもりもありません。

では、行ってみましょう!






という訳で上野に到着。
新幹線が乗り入れる駅という事もあり、多くの場所から人が集まります。
だったら消毒液があってもいいんじゃない?という訳で駅構内から散策。





えーっと、





うーんと、





ありません。


おかしいなぁ、もっとある気がしていたのに。
早くも暗雲が立ち込めます。





そんな訳で外へ。
駅周辺のデパートなんかを片っ端から周ります。





えーっと、





うーんと、





ありません。


おかしいなぁ、もっとある気がしていたのに。
念のためトイレも見てみましたが、ありませんでした。





むむぅ、多いと思ったのは気のせいだったのかなぁ。
そう考えながらうろうろしていると上野の森に到着。
そうだ、美術館にも人は集まるぞ!


ここから私の、逆転劇がはじまる。


つぎへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。