スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳返しはかっこいい その2

その1はこちら。



こうして無事に畳が完成しました。
はやる心を抑えつつ、さっそく畳返しに挑戦します。





流石に剣豪じゃないので、素直に手で持ち上げる事に。
精神を統一し、掛け声と共に畳を返します。


「必殺!畳返し!とうっ!」











これは・・・



これはかっこいい。


正直やってみるまでは、こんな畳をひっくり返すなんて
技なんかじゃないだろうと思っていました。


その気持ちは畳が完成した後でも変わることはなく、
むしろ煎餅布団のような出来に諦めが強まる程。
どうしよう、経費ゼロだし無かった事にしようかなぁとギリギリまで考えていたのです。


しかし畳返しをやってみて確信しました。この技はかっこいい、だって派手ですもの。
しなりながら響く畳の音と風圧に圧倒。清々しいまでの派手さに一発で引きこまれました。
そんな調子で数テイクも撮ったら、すっかり役者気分にも浸ってしまうというものです。


それは正面からのアングルでも窺い知ることができます。










この時、心は剣豪。
音、風圧、そして派手さ。これら全ての要素が合わさって
『かっこいい』という言葉が出て来るのも納得です。


また、実益の面でも、
寝込みを襲われたりした際、一瞬で精神統一が出来るという事を考えれば
実際に忍者や剣豪が使用した技だとしても最早何の違和感もありません。



さて、畳返しの素晴らしさは既に十分伝わったと思います。
しかしながら畳返しの実用性についてはまだ検証が終わっておりません。
突然目の前の畳が襲い掛かって来て、果たして本当にひるむのでしょうか。


先程の正面アングルよりも、もっともっと近くにカメラを設置。
私の奥義を受けてみよ!『必殺!畳返し!!』










戦場なら、この後ろから刀が飛んでくると考えるとひるまないはずがありません。
動画なので実際の風圧やらが伝わらないのが残念でもあります。
それでも十分にひるみの効果、そして畳を用いるメリットも理解出来た気がします。



最後に、今回の実験でいくつかのケースを想像するうち、
実際の戦いでも畳を使った方が有用なのではないかという状況があったのです。
その際の防御力について、検証してみたいと思います。


それは忍者と戦う時などの対・投具戦。
飛んできた手裏剣を刀で弾くシーンなんかはアニメ等で見た事がありますが、
仮に刀が手元になかったとすると生身で弾くのはいささか危険です。
畳で手裏剣を受け止められるのか検証します。


とは言ったものの、あいにくのところ協力者がいません。
なのでこんな装置を作ってみました。





一言でいうならば、畳の上に手裏剣を吊るしただけの装置。
これを反対側に投げ、戻ってきたところに畳返しを繰り出します。
見事受け止められたなら、畳で手裏剣を防ぐことが出来る可能性があるという訳。


手裏剣の代わりには、オバマ大統領に投げられたことで
投げ物として一躍有名になった革グツを採用。
普段履いてる靴なので、くれぐれも靴底には当たりたくありません。


それでは参りましょうか、『必殺!畳返し!!』










決まった・・・。


信じられません、一発で出来ました。
ひもで吊るしている関係上、上手く跳ね返せたとしても
結局戻ってきて残念な結果になるんだろうなぁ。
やっぱり協力者いないと駄目だなぁとか思ってました。むしろ期待してました。


それが見事にクツの勢いを受けきり振り子が沈黙。
もちろん本物の手裏剣なら、軌道の違いはあれど間違い無く畳で受け切れていたことでしょう。
放つ度に良い意味で期待を裏切り続ける畳返し、つくずくかっこいい奴ですよ。


あとは合戦場に畳があれば完璧ですね。おしまい。




本物の畳は、持ち上げる事すら困難だ。





2009/01/10 NG集を公開しました。あんまりな出来なのでURLのみ掲載。

NGその1:http://www.youtube.com/watch?v=nc13yQZskwo

NGその2:http://www.youtube.com/watch?v=I-_OsSQJNcA&feature=related

NGその3:http://www.youtube.com/watch?v=beAZGOUyzbM&feature=related



2009/11/26 『畳返しはかっこいい』のMAD動画をニコニコ動画で発見。
自分の動画がMADになるなんて感涙の極みです。いいぞもっとやれ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7240922 (アカウント必須)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。